表現力





朝ごはんの用意を見守るねじ。


羽毛布団ごと移動してきたようです(^-^)





ごはんがなかなか出てこないので場所を変えて待ってます。







ドーベルはおしゃべりな犬種で、ねじはさまざまな音色の声を使います。


声を使う犬種もいればボストンのようにあまり使わない犬種もいます。使わない犬種の方が突然噛むと言われがちです。


犬の声(吠えも)はよい意味でも悪い意味でも表現のひとつ。

もし過剰なら飼育環境や理解を考えるきっかけだと思います。躾やトレーニングではない部分ですものね。









ごはん




ねじがお昼ごはんを残した!


が、オヤツは食べる。体調は大丈夫らしい。






フードが酸化してきたのか…

友人とのフード選び談義は尽きる事なく、

答えが出る事もなく。

可愛い我が子のために、

出来るだけ安全で栄養があるものをと望むのは、

飼い主は皆一緒なんじゃないかな。


何年経っても、何頭飼っても、いつも手探りです。

楽しい!のために




今日は久しぶりのロングリード散歩。

ねじが10月中旬に腰を痛め、約1ヶ月散歩なし→近所ちょろっと散歩→元の距離散歩

飛んだり跳ねたりはしないように、ずっと2mリードでちまちました散歩でした。





ロングリード散歩再開!でもまだ1日1回の散歩。

だから余計に楽しいMAX!「ひゃっほ〜」が聞こえます^^


2016120602.jpg


名前を呼ぶと振り返り、離れていても笑顔がわかる。


2016120603.jpg


満面の笑みってやつですね^^


2016120604.jpg


年末恒例ダイコンを食す。


2016120601.jpg


クリオも楽しそう。


2016120607.jpg


風は強かったけど暖かいお散歩日和でした♪




ここからはヘルバユーザー向けに。

ねじの腰ですが、鎮痛剤では痛みが取り切れず、

治すのは結局のところ自己治癒力と言う事を考え早い段階で薬を切り、ジンギーF1&F2に切換えました。

この二つを組み合わせると鎮痛効果があります。


2016120606.jpg

ねじの痛みはその日のうちに軽くなり、声をあげて鳴く事も、固まったように寝る様子も、

あっと言う間になくなりました。

高まり過ぎた交感神経の働きを戻す、との事です。



また骨を支える腱や鞘の弱りと想定し、それらの強化もこれで。

痛がっていた右側を下にする事も気にしていないようす。

たまに飛び上がったりするので違和感はまだ残っている様子ですが、動きはほとんど普通に戻ってます。

加齢による弱りは何らかのサポートがないと自力で回復は難しいのではないかと思います。

維持が難しいからトラブルが出るわけで、、、

今年はねじの不具合がけっこうありました。気持ちはイケるけど体が付いて来ない感じでしょうか。

犬は自分じゃ配分とかできないので、もっと気を付けてあげようと思います。



ジンギーF1&F2は、うどんの脳腫瘍末期にも活躍してくれました。

私の頭痛・生理痛も。今はそれ自体なくなったので出番なしですが。

どんぐりも腎臓の数値が高め、それゆえ獣医師も鎮痛剤は出したがらず、

しかしこれがあれば大丈夫という安心感があります。

もし痛みに対し長期投薬が必要な場合、またそれを許さない状況の場合、

ぜひ試してみて下さいね。

必要になる事がないのが一番ですが!





精米所のかほり





ねじ、お散歩催促。

まだお散歩なしの日々です。ストレスケア、難しいねぇ。





先週の通院で医療的アプローチの限界を感じ、土曜から手段を変えました。

痛みのコントロールはできるつつあり薬は抜けてますので、根本改善を目指します。

ねったん、お散歩までもう少し頑張ってね!



ヘルバからホットパッドを戴きました。

糠と塩が入った体を温めるもので、レンジでチンして使います。


2016102503.jpg


私も試しましたが、これすごく良い。

あずきカイロも優れものだけど、伝わり方のマイルドさや持続が俄然違う。

お風呂で体を温めるって体力要りますものね、病気の方にはこちらの方が合ってるかも。



使い始めた日はニオイを嗅いでみんなそわそわ。チンで香り立つニオイでわっさわさ。

精米所のようなニオイ、おいしそうなんでしょうね^^

2016102502.jpg


腰と首に当ててます。

初日は動きましたがその後は問題無く当てさせてくれました。

2016102505.jpg


こんな感じで自分から横になります。


2016102506.jpg


寝ます。


2016102507.jpg


寝入ります^^


2016102508.jpg


気持ち良いみたいで、ずーっと寝てます。ストレスにならないのはありがたい。

体の上側を温める時は手を添えて、その他は寝ている下に敷いて使ってますがそのまま動かず寝続けます。

他の子も寝ているところに差し込んでもそのままずっと寝てます。

気持ち良いんでしょうね。

こんなに大人気ならパクって作っちゃおうかな♪







滑り止め




ねじさん、お休みのところ失礼しまーす。





安静ゆえゲージレストのため(実際はもうちょっと広い)お散歩なし1週間。

肉球の間の毛が伸びてきました。

ちなみに、年を重ねて一番に白髪になったのはここ、肉球の間の毛です。

2016102003.jpg

あ、オムツの加工カスが付いてる。

ちょっと尿漏れがあったのでオムツを使いましたが、ねじには子供用のオムツ。

これはまたあとで記事にします。




滑り防止にはみ出した毛をカットしなくちゃね。

しゃがまないとならないトイレは滑ると変に力が入ってしまいます。腰の不具合には滑りは禁物です。


2016102004.jpg


あまり中まで短く切ってしまうと刺激になると思います。

特に柴犬は皮膚が敏感ですし、炎症起こし易い部位ですものね、ほどほどにね。



お手てを隠すねじさん。我が家で一番爪切りが苦手です。

2016102005.jpg



腰の痛みはだいぶ小さくなってきています、お薬も半量に減量できました。


はやく散歩行きたいねぇ。


| NEXT>>