RESTART  



飼い主死亡で保護されたシュナ。

全身フェルト(毛玉)でガッチガチ。

高齢者の犬に時々見かけます。


  

  
    皮膚を切らぬように慎重に切り剥がしていくと、
 
    毛玉の中が緑色なのに気づきました。






 ←←  緑なのわかります?

         カビ!

     コレ系の犬は経験ありますが、カビは初めて。

  



毛玉で口が塞がれ、

かろうじて動かせる口先で食事をしていたのでしょう。

お腹・足はさらにひどく、オシッコ全部がお腹の毛玉に吸収されてました。



鎧を外したらとても小柄な細い子。

重かったでしょう。

不快だったでしょう。



でも、人間が大好きです。

飼い主さんが現れたら大喜びで走り寄るでしょう。

犬ってそう言う生き物です。



この子は新しい犬生のためリスタートします。




飼い主さんは手入れも出来ない状態だったのかな。

万が一の時でも犬たちが生きていけるよう行き先を準備する、

これも愛情で責任です。




自分が死んだら犬が処分された。なんて知ったら、、

私なら成仏できません。

悪霊になってやる。