やっぱりデッカイドー






先日の旅行中、茨城か?と錯覚するくらいの延々と続く平らい田園風景に、

たまたま映っていた光の筋。

どんより雲が瞬間切れたのでしょう、スポットライトのようになってます。





北海道も風景自体はそう違わないもので、

富良野も市貝芝ざくら公園(めっちゃローカル)のでっかい版って感じ。

一緒にするなと怒られそうですが^^



DSC_0348.jpg DSC_0349.jpg


どこか懐かしい建物も一緒、やっぱり日本ってことね^^



ただ規模がね、、、とにかくデッカイドーなんですわ。

G・W.に行った帯広への高速は「何時間も延々と那須の風景、飽きるなぁ」と思いましたし、

今回のシュマリナイ湖のある幌加内は蕎麦の作付け日本一の土地で、

丘の向こうもそのまた向こうも、写真↓の先も延々と蕎麦畑でした。


DSC_0354.jpg

ちなみに日本最寒記録の町で-41.2度だそうです。



キャンプ場で隣に停まってたキャンカーは浜松からのシニア夫婦。

ここ3年、夏の間は北海道で過ごしてるそう。

「今日はちょっと紋別までホタテを買いに行く」と言ってましたが、

紋別までざっくり130km。

北海道に慣れると130kmが近く感じるのが怖いですわ^^;



どこに行くにもとにかく距離がある。

忙しい働く世代にはのんびり北海道旅行は難しいかも知れませんね。

シニアのキャンカーが多いのがよくわかります。





お気に入りを探しに





旦那ちゃんが夏休みに入ったので留守番を頼み、

水・木の2日間ねじとゆるを連れ、あちこち田舎を見て歩きました。

お気に入りの場所探しです。



メインの目的地はシュマリナイ湖

日本で2番目に大きい人造湖(ダム湖)らしいです。


DSC_0362.jpg


道北のジミ~な場所なせいか夏休みでもひっそり。


DSC_0360.jpg


ジミさ加減が馴染みの奥日光っぽくて気に入りました^^


しかしプロモーションは最高にイケてます! → lake shumarinai

ムービーなんてカッコイイったらありゃしない! → movie



このイメージで行った人は驚くのでは?

こんなだし(笑)

DSC_0386.jpg


すばらしく期待通りの地味さでした^^




キャンプ場でテントを張らずに一泊し、車中からレイクビューの夜明けを楽しみました。


DSC_0365.jpg 

DSC_0367_201708110823041e8.jpg

DSC_0375.jpg


広大な敷地で散歩も充実、リラックスできる環境で◎

また秋に訪問したいと思います。





北竜町のひまわり畑

DSC_0322.jpg DSC_0323.jpg



道の駅・絵本の里けんぶち やけに広いドッグラン(無料)

DSC_0390.jpg



今回北海道らしいと言えばこれかな。


DSC_0388_20170811114504ac8.jpg



ただの信号ですが、最後の信号機から60kmあり、思わず記念撮影(笑)


気ままに走っているうちに距離感がマヒしてきたようで、

キャンプ場から日本海経由で稚内(200kmくらい)に行こうかと思いましたが、

途中の町にはコンビニもスーパーもないそうで(お金も下ろせない)

準備なしの軽装備だし、犬連れは万が一の時に身動きとりにくいので、

今回は富良野経由で帰ってきました。


通販で何かを買うと、送料が本州の倍以上の時がありがっかりしますが、

地方部を見ると仕方ない事なのかなと思います。

北海道の田舎って本州では考えれない本気度です。







ほぼ貸し切りの夏休み



朝からバンバンと花火の音、先週延期になった花火大会が開催される合図です。

散歩中ならさっさと帰宅してしまうねじも家だと全く気にしない。安心な場所なんですねぇ。

会場が近すぎて身動きが取れなくなるため、

毎年花火大会に合わせて夏休みを取りお山、今年は上手くいきませんでした。



先週の木〜日曜が夏休みでしたが、やっぱりお山も天気は悪かった(悲)

途中の宇都宮、昔よく行ってた公園でお散歩。貸し切り。



こんなにきれいな芝でも直火OK、なんともおおらか^^




いつもお山の宿泊先は行って決めるのですが、車中泊ができる気楽さですね。

camp in ドロブックル 空いてたのでここに。我が家を含め3組。

2016082510.jpg


写真の奥に倍以上の広さがあり、渓流もあり、お子さん連れには良いキャンプ場ではないかな。

目隠しになるものが無いので、混んでたら犬を落ち着かせる環境作りがちょっと難しいですね。


2016082512.jpg

日中はアブが多くて蚊取り線香の範囲でこじんまりと過ごしてましたが、夜は寒いくらいでゆっくり過ごせました^^

2016082511.jpg

翌朝は小雨でしたが上がるにつれアブがすんごい!!

特にねじにたかるので早々にギブアップ、別の場所に移動。






上人一休の湯で一番風呂&貸し切り〜♪前回もでした、客いな〜い(笑)

2016082513.jpg2016082514.jpg

先月も行った川俣のキャンプ場、これまた貸し切り。

2016082505.jpg

お天気回復で湿ったテント&犬干し。

2016082504.jpg
2016082503.jpg

のんびり。結局帰るまでだれ〜も来ませんでした。


翌日は雲の中、たまに嵐。

2016082506.jpg

山の天気はくるくる変わるので昼まで待ちましたが、

天気予報は翌日も広範囲で悪天候、犬たちが楽しめないので帰宅。



途中のお蕎麦屋さん、いつも混んでいるのに車ゼロ、これまた貸し切り!

2016082615.jpg

と思いきや、入店したのが閉店時間ぎりぎりだったからでした。

11:30〜14:00 2時間半だけの営業、夜は人がいない地域ですからね^^


10割もりそば 600円
2016082616.jpg

とても美味しいおそばです^^



山をおり、誰もいない公園でお散歩満喫。

2016082507.jpg

周囲とあまり変わらないので住民も来ないのでしょう。近くに家もないし(笑)

2016082508.jpg
2016082620.jpg


このあと車に戻った瞬間に激しいスコール。

こんな感じで晴れと雨を繰り返しの3日間、終始だれもいない夏休み。

出会ったのはテン1頭でした^^











のんびり休日






連休の17・18日、相変わらず思い立ってのキャンプ、思いのほか心地よい休日でした。


栃木県日光市川俣、標高1,000Mくらい。夜はすっかり雲の中。

2016072105.jpg






6:20 日が登り始めると雲がだんだん高くなって行きます。


2016072102.jpg




行き当たりばったりのキャンプ場でしたが、犬たちがのびのびと過ごせ今までで一番リラックス^^



どんだけのびのびしてたかと言うと・・・


2016072104.jpg


キャンプ場ぜんぶ使って追いかけっこ!



ここ、狭いんです。反対側は端っこの我が家のスペースのみ。


7QuAz2W6BlaX_f81469072857_1469072883.png


めっちゃ贅沢使い^^


この日の利用客は釣りのおじちゃん3人組と我が家のみ、

ゆるはず〜っと炊事場でおじちゃんの料理にへばりついてました^^;


泉谷しげるのうようなおじちゃんがおりまして、どんぐりが近寄って触らせてました。

自から人に寄る事自体珍しいのに、触らせるなんて初めてかも。びっくり。

2016072106.jpg

ボケボケですが記念の一枚^^


周囲は温泉しかなく子供が遊ぶような所もないし、ダム湖なので水遊びもできないし、

釣り人以外はあまり来ないようでいつも空いてるそう。


2016072109.jpg

トイレも炊事場もとてもキレイで使い易くて、そんでもって無料。

多頭連れの我が家にはありがたいキャンプ場です♪



クリオはまったりジミ〜に楽しんでます。

2016072110.jpg
2016072111.jpg

かわいいねぇ^^





水遊びは別の場所で。


男鹿川

2016072108.jpg

2016072107.jpg

今年は熊の事故多いですね。




さてさて、今回はうまうま発見♪


鴨串

2016072112.jpg


鴨肉もおいしいのですがタレが絶品!熊・鹿・猪もあり、次回リピ決定^^



昔から通る度に目を引くお店だったのですが、なかなか入る勇気がなく・・・


山小屋のドライブイン
2016072113.jpg

チャレンジしてみるものですね^^



この地域は、硫黄泉、単純泉、鉱泉、泉質の違う温泉が沢山あります。

集落ごとに日帰り温泉や共同浴場があり、それを巡るのも楽しいかも。


日光市ですが観光地ではなく、アクセスの悪さに行楽シーズンでも混むことがないので、

のんびり過ごしたい人にはお勧めの地域です。


お天気にも恵まれ、後味のとても良い旅行でした♪




休日さんぽ




昨日はうっかり寝坊、気温があがってしまったので急遽水遊びに出掛けました。


茨城県の花貫渓谷、高速のインターからすぐなので気軽に行けます。





苔が多いので歩くにはちょっと注意が必要ですが、水質はまあまあ良いかも。




クリオは自分からどんどん入って行って、流れて来る葉っぱをつかまえたり楽しそうにしてます。


2016061902.jpg
2016061904.jpg



キャニオニングのグループが滝壺にダイブ、中学生くらいの女の子も跳んでました。


2016061905.jpg


子供の頃はこういう遊びもやってたけど、

オトナになるにつれ事故のリスクや、今は特に筋や骨が気になってやらない(笑)




これ ↓ まずやらないわぁ。

2016061906.jpg


龍神大吊橋のバンジージャンプ



そんな物好きはそういないだろ・・・なんて思ってたら、ぞくぞく跳ぶんですよ!

テレビで芸人さんが意を決して跳ぶ様子ってよく見るじゃないですか、全ッ然そんなんじゃないの!

ニッコニコ渡って行って、さっくさくって感じ。





ビヨ〜〜〜〜ンって跳ね返ってる状態

G4zpRFyodUAkYFC1466384207_1466384536.png


一瞬、無重力的な感じなのでしょうかね?




終わったら引き上げ格納タイプ、

Eg20rKgA1COttP81466384588_1466384649.png


引き上げられてる姿はヘリでの遭難者救助のようで、なんともシュール(笑)




しばらく見てましたがチャレンジするのは50くらいのおじさん多し。

童心を忘れないってやつでしょうか。

うちの旦那ちゃんはソフトクリーム食べながらそのおじさん達を眺めてました。

旅先でソフトクリーム食べてるのって、おばさんよりおじさんの方が多い。

これも童心を忘れてないってやつでしょうね(笑)






| NEXT>>