保護主=飼い主



さばちゃん
    名古屋のみなさん、

    さばちゃんの大捜索からもうすぐ1年になりますね。

    暑かったねぇ、、チラシ貼り、、何百軒回ったっけ。。

    でもちっとも痩せなかったね〜。。誰か痩せた??




  「おせわになったワン」




           実はね、、、ここだけの話。

            ご存知の、、S県のM氏。

       最近 2号が誕生! オーマイゴーーーー

           ま〜〜〜ったく一緒なの。




            犬を救いたいって、、

         センターにいるより不幸にしてんじゃん!

          犬は今、何百倍も苦しい毎日です。




       飼い主のいない犬を引き出すって自分が飼うって事。

             保護主 = 飼い主

               責任は同じ。

          正しく愛せないなら引き出さないで。

        「いい人」になるための、犬は道具ではない。




             今の1頭を救うのも必要。

         でも、未来の放棄予備軍を減らす活動でなければ、

            いつまで経ってもいたちごっこ。

           救う・保護・ボランティア の前に、

         もう一度「犬を飼う事」の基本を考えていきましょうョ。





icon_sr.jpeg   名古屋で迷子になったペポちゃん もう2年7ヶ月め。

   新しい情報が無い状況でも、飼い主さんは諦めず探し続けています。

   気持ち、分かります。

   飼い主なら諦めるなんてできないよね。








この記事へのコメント:

コンエリ : 2012/07/24 (火) 15:02:13

さばの大捜索からもう1年なんだね。早いね~。
名古屋で一生懸命捜索活動した人達と保護主だったM氏の温度差を
今でもハッキリと覚えています。

ただの犬飼いの私にとって、犬を救おうと活動している方々は本当に
尊敬出来る人達のはずなのに、悲しいかな、中には心無い人がいるのも事実。

今回のM氏2号誕生も本当に残念な事。
この人に関わってしまった、人も犬も皆傷ついちゃうから。

とにかく一日も早く犬が見つかり、さばみたいに今度こそ幸せになって欲しいです。

とろろ : 2012/07/25 (水) 11:39:37

さばの幸せは関わった人全てが嬉しいものですよね。
まだまだビビリのようですが飼い主さんは大切に接してくれてます。
犬がどうこうでなく、トレーニング云々ではなく、
愛するスキルがある方はいるんですよね。

センター収容犬って、成犬は迷子がほとんどで、子犬は産まれちゃったって理由。
問題行動で放棄される子はたまにしかいないんです。
前者は犬に問題があるわけではなく、飼い主の感覚の悪さが問題。
「迷子・探さない」がなくなればどれだけ殺処分が減るか。

保護側がそれをやっては引き出した意味がないと思いますよね。
やってる事が矛盾です。

管理人のみ通知 :