got a chance !



処分勧告を受けた犬、

他の見合い予定の犬たちを引き出し場所を空け、

処分は取りあえず待ってもらっている状態です。




崖っぷちの 「四国犬 志麻」

警戒モードが強い。

警戒吠えで奥から全く動かなかったが、

少し前から私達をみると、吠えてはいるがオヤツを貰いに扉まで来る。

オヤツを手からとる事もできる。



吠える声が違う。

高い声でキャンと吠えたあと、扉までオヤツを貰いにくるのです。

要求がこもってます。




明日、この子にチャンスを与える事が出来ます。

難しい犬を多く扱うトレーナーさんに判断して貰います。

しかし、人に向ってくるかもしれない。

譲渡に適さないかもしれない。

でも、何もしないよりは諦めがつく。




私にはチャンスを与えれるような技術がない。

もっと積極的にアプローチできるよう学ばなくては。

力不足を痛感しました。



どうか、適正範囲でありますように。







残念ながら、全てが飼える犬ではない。

社会に出す事が躊躇される犬もいます。

昔から和犬や和犬MIXと暮らし今も柴がいるので、

思い入れも強いのかもしれない。

感情で目が曇らないように、注意したいと思います。







この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :