和犬らしさ



個人的には雪の日は日本犬が一層魅力的に見え、


野性味を感じると言うか、遺伝子の凄さを感じます。



ライブラリ - 11905


毛は水弾き抜群。まず濡れない。


足腰がしっかり、滑り易いところでも踏ん張れ歩みがしっかりしている。



ライブラリ - 11898



「日本の気候に適している」ってこう言う事なんだなって、雪や雨の日に強く感じます。




ライブラリ - 11907



ねじは雪が降ってるの見ただけで部屋に戻って行ったし、

ボストンズは遊びたい気持ちが足の冷たさに負けちゃったし。


もちろん個体の性格差もあるけど、

ちょっとした事でも日本犬と洋犬は大きく違い、同じ犬で違いが面白いです。




雪に備えて前日に遊び溜め。

ライブラリ - 11894

洋犬さんは軟派な感じがするね。うちだけか(笑)



この記事へのコメント:

テツカナのかあちゃん : 2014/02/11 (火) 10:08:44

雪の日のおひとりさまだったのね^^
和犬は雪が似合いますよね!
クリオくん、キリリとした顔してます。かっこいいです^^
フィラリアが治ったら運動したいねえ。
頭部ももう少し大きくなってさらにええオトコになりますね^^

とろろ : 2014/02/11 (火) 23:55:52

吹き溜まった深い雪の中もズンズン進む様子が力強くて、
柴とはちょっと違う堂々とした感じが好きです^^
四国としては頭はもう少し大きい方がいいのでしょうか?
構成ってのがイマイチ分からないのですが、顔が大きい子が多いですよね。
毎日接していてもハンサムになったな〜って思います。
熟年らしく感情や行動も安定していて、貫禄が出てきたな〜と思います。



テツカナのかあちゃん : 2014/02/12 (水) 09:29:13

人間が作り出した日本犬では、頭部はみなズッシリしてますよね。
でも、山出しの犬や原種を見ると決して頭部が大きいとは言えない。
逆に小さい。
粗食に耐え、山を駆け、獲物を獲る。
いかにも俊敏な体躯とそれに見合った頭部です。
同じ日本犬でも、柴と紀州、四国、甲斐でも違います。
ナタの紀州は頭部はどの子もリッパです。
そう作ってきた。
カミソリ四国は四国の良さを追求するものと思われます。
人間もオッサンになると顔がデカくなりますよね^^
あんな感じで、犬もふくよかになるのでしょうね^^
貫禄が出て味も出て、観賞に耐えうる子になりますね^^
クリオくんもこれからが楽しみです。

とろろ : 2014/02/12 (水) 19:36:03

なるほど、作出と山出しで違いがあるんですね。
日本オオカミの目撃が実は四国犬だったって事件ありましたが、
カミソリの四国、確かに鋭さがオオカミっぽいです。
クリオも顔の幅が出てきてオスらしくなってきてます。
貧そに抜け落ちた尻尾も復活してきましたし、
これで運動できるようになったら更に美犬かも!
既に旦那ちゃんが「かっこいいね〜、ハンサムだね〜」とホレボレしてます^^

管理人のみ通知 :