定期診断



病院に行ってきました。

11月から抗生物質でのフィラリア治療をしており、

ワンクール終了で検査しましたが、変わらず強陽性でした。



カラーを付けられるとオスワリが出来なくなるクリオ(笑)

ライブラリ - 11932


抗生物質ビブラマイシンを1ヶ月服用しその後3ヶ月お休み。
フィラリアに寄生共生しているボルバキア菌を殺す事で、
フィラリアの寿命を短くするという感じのもの。
どちらかと言うとミクロに有効的な事とおっしゃってました。

一般的にはフィラリアの寿命を待つ方法ですが、
それがだいたい3〜5年で陰転すると言われ、
ビブラマイシン治療はこれを少し短くできると言うものです。

薬代は病院によっても違ってくるでしょうが、
クリオの体重で1万8千円、15キロ以下なら半額の9千円です。


※10月27日追記します。
病院を変えましたところ・・・・
ワンクール28日分のビブラマイシン剤のお値段が、
1万8千円→5千円弱になりました。




体重17・25kg ・心音異常なし・咳もほとんど出ない

これと言って治療が必要な不具合はありませんでした。

体つき・毛質が良くなったと先生にも言われました♪



カラーを外すと自分から座っていられます^^

ライブラリ - 11933


明日から2クールめスタート。

夏前にイミトサイドで駆虫・・・とも思いますがまだ考え中。

とりあえず5ヶ月、事故もなく体力回復できてます^^



この記事へのコメント:

かあちゃん : 2014/02/28 (金) 20:28:07

なるほど。そういう治し方なんですね。
時間がかかるけど、安心な治療法なのでしょうか。
完治するといいですね。
おすわりしているクリオくんのシャープな顔^^
ボクは愛されてる、と思えば思うほど、表情が生き生きしてきますね。

とろろ : 2014/03/03 (月) 06:34:09

この抗生剤は副作用も少ないめのようです。
表情も表現も変わってきました。
鼻鳴きとこちらを気にする感じ(後追い)が気になってましたが、
自分のペースができ落ち着いたのでしょうか、
穏やかさの中にも、シラっとした和犬らしさが出てきました^^

管理人のみ通知 :