老犬の成長




雷が苦手な姐さん、だいぶ良くなってますがまだ怖い。

でも怪我する心配はもうなく、今は私のところへ来てくれるので、

抱き上げバスタオルなどで隠してあげると落ち着くのが早くなってます。



夕方のゲリラ豪雨、雷は大きいままなのに心拍が正常に戻りゆったりと目を閉じてます。

雷はないに越したことないけど、変化が嬉しい瞬間でした。





ツンデレ姐さん、聞こえないふり得意だよね?

雷も聞こえないふりできるようになると良いのにね。



この記事へのコメント:

かあちゃん : 2014/05/27 (火) 09:29:46

雷は深刻な問題ですよね。
コワい子にとっては、イノチにも影響がある。
これから雷の季節です。いやですわ。
うちはふたりとも大丈夫ですが、突然ダメになった子もいると聞いて
カナはちと心配です。
散歩がね。
かあちゃんひとりで夕方散歩2頭。3時間は外にいなければならない。
昨年視界の中で雷がいきなり落ちてから、ビビりまくりです。
姐さん、人がいる時はいいけど、いない時はどうなのかしら。
大丈夫かしら。

とろろ : 2014/05/27 (火) 12:56:19

カナたんのサイズでパニくったら抑えるのはタイヘンですよね。
雷が怪しいときの散歩はすぐ戻れる距離で、家を中心に円を書くよう散歩してます^^

姐さんは留守中の雷でもお漏らし程度で、
ドアを掻いたり壁を掘ったりはもうないようです。
急いで帰宅すると落ち着いている事が多いです。

姐さんを保護した宇都宮はゲリラ豪雨は毎日、雷は降るもので、
同時にあちらこちらでばっこんばっこん落ちます。
今でもこの状態に毎日さらされたら、現状では済まないかも知れません。

ナゴヤは雷がなかったので、雷自体ではなく関連付けの部分が軽くなったと思います。
こちらに戻り出た症状では、カーナビのピンポンから始まりクイズ番組のもダメになりました。
これは車に乗っていた時に凄まじい雷嵐に遭遇し、関連付けして苦手になったのだと思います。
生活音なので回避が難しく(気にしてみると色んなところでピンポン鳴る)
少し慣らしをしました。雷に関してもこれが功を奏しているように思えます。

雷が苦手な子は他にも苦手な音がある子が多い印象で、
姐さんもけっこうありました。今も金属バットで打つ音、ゲートボールなど。
リハビリのやりかたも個体傾向を見誤ったり、
やり方が雑だったり合っていないと悪化しますので、
まずはさらさない事、タイセツだと思います。

管理人のみ通知 :