伝えるために




ここ数日PC内の写真の整理していて、DVDに落としたりfacebookに移動したりしてますが、

まだ2千枚くらいあります・・・ほぼ犬の写真。

ミスショットやシッポの先っぽだけなんてものも、

犬が具合悪くなったりすると処分しにくいのでやっておかなくては。




クリオの募集用の写真も選んでますがこれらはどうでしょう。


これはお気に入りなので決定。

ライブラリ - 12785



これは色合いが美しい^^

ライブラリ - 12749



これもキレイ。

ライブラリ - 12174



これは、お散歩から帰って足拭いて2階に上がって私を待っている様子。

ドアが開いていてもこうやって待ってる事がけっこうある^^

ライブラリ - 12374

静かな子って伝わりそうな写真ではないかなと思う。

好きな写真です^^




どんな風に暮らしてて、どんな表情をしてて・・・

笑顔で可愛く写っているものだけでなく、もっと普段が分かるものも必要ですね。

ブログ内容ももっと丁寧にしなくては。



和犬の周波数というか独特さは、やっぱ違うんです。

きちんと関わって飼った事がないと分からない部分があると思います。

たまに和犬と雑種を一括りにする方もいますが、

ずっと和系雑種を飼ってきて純和犬とは大きく違います。

人への依存度や独立心、動物的な野性味(警戒心や狩猟本能の強さ)などなど。

柴と中型和犬でも本能的な行動はだいぶ違いますしね。



写真や言葉では感覚は伝えるのは難しいですが、

クリオの良い点、注意点、その行動が個体性格なのか犬種特性なのか、

などが伝えられれば良いなと思っています。

まずは記事書かなくちゃだね^^;




この記事へのコメント:

テツカナのかあちゃん : 2014/09/10 (水) 20:57:39

同じ中型和犬でも紀州と四国と違ったり、
同じ四国でも、個体によってまるで違ったり、
男子だから、とか、女子だからって一概に言えないことがあったり、
言葉にするのって非常にムツカシイですね。
年齢でも変わってきますしね。
ちなみにかあちゃんは、犬を飼うのは生まれて初めてだったです。
四国犬のこともまるで知らなかったです。
クリオくんと暮らすと、その魅力はズンズンと飼い主さんの
ハートに入ってくことでしょう!^^

とろろ : 2014/09/11 (木) 06:29:17

犬種特性・性別・年齢・性格の他、育ってきた環境も大きく影響しますので
一概にこうだと言えないし、飼い主が変わると変化が大きいですしね。

和犬との暮らしは、犬とはそもそもどう生きる動物なのかを教えて貰えます。
ペットであるがそうなり切らない、それを難しさと感じるか魅力と感じるか。
その人の基準がどこにあるかで犬の評価も変わりますね。

和犬が犬のベースのかあちゃんが洋犬(原始的犬種でない)や
ミックス飼うと「なにこれ、カンタン」って思うかも(笑)
そんくらい改良されてます、人寄りに。

管理人のみ通知 :