許容が広いのはどっち?




2ヶ月ぶりのお散歩会に行ってきました。



序盤はクリオはずっと後を歩き、犬達のニオイを取りながら合流地点の芝生広場へ向いますが、

動きのシェイピングもせず右往左往、クリオの納得が行くまでニオイを取らせ、

犬たちのニオイも主さんのニオイもインプット。

合流の芝生広場では、どの犬がどのニオイの犬かの確認に感じます。




これは超小型のキュートでも同じ。

「クンクンクン、あ、これはクリオだ」

既に知っているので特に直接的な確認作業もなし。あまり見さえしない(笑)




クリオもキュートにはもう何の反応もありません。


d9fmIiS_mf7jz_q1429540474_1429540706.jpg


序盤はオヤツを口にしません。

合流の芝生広場を去る頃には確認が終了し、犬へのチェック心がぐっと減ります。

余裕が出てオヤツも食べますし、歩みも右往左往が減り自ずと左にいる事が増えます。

脚側で左をキープさせる事も可能、吠えもショックで先に押さえ込むのは可能ではあるけど、

でも犬側の解決ってこういう事だと思うんですよね。知る事。


CIMG4016.jpg


この日はドーベルくんが参加。

練馬のお散歩会でねじに似たラブミックスがいますが終始無反応。逆にリラックス。

容姿が関係するのか・・・・Yesだと思います。やはり反応が穏やか、気にしません。

ねじに良い印象があるからでしょうかね。



終盤に先頭を歩いた時、ちょっと離れて主さんとドーベルくんが付いてきてて、

クリオは待つような雰囲気で見てました。ホント成長しました。


CIMG4010.jpg



余裕が出れば普段の笑顔も出ますが私にだけです。

クリオがどんだけ人寄りな和犬か、うちでの様子がお散歩会ではまだ出せないのが残念ですよ・・・・

でも初参加のときはうちに来て4ヶ月、ヨダレだらだらで軽くパニックだったと思う。

まだ私に対してもやっとだった頃でしょうし、よく頑張ってくれたなぁと誇りに思います。



どんだけ犬に許容が広いのかと思われるでしょうが、ちょっと違うかな。

状況を先に知っている私たちより、何も知る術のない犬たちの方が、

お散歩会も普段の生活もよっぽど頑張っているんだと思うし、

焦らない社会化取り組みは、お互いのストレスケアとしてもとても有効だと思えますし。



なにしてんじゃ!と思う事もしばしばありますが、ありがたいと思う事が増えました。

犬達を理解すればするほど、許容されてるのは私のほうなのでね。



この記事へのコメント:

イブQあっきー : 2015/04/21 (火) 19:54:18

許容の広いのは?もちろん犬に1票。
穴があったら私落ちてしまいたいです(笑)
一日中喋って笑って暮らしてる様な人間なのに・・・
私もQの頑張りを誇りに思います。犬ってスゴい・・・
まだまだ経験が足りない部分がありますが、も~大丈夫。
しか~し5頭5通り+姐さんの協力は不可欠ですので宜しくお願い致します。
初めて会った日の姐さんの印象に狂いは無かったと私も褒めてあげたい(笑)

とろろ : 2015/04/21 (火) 21:57:20

あっきーさんが穴に落ちてたら埋めておきますね^^
Q、苦手なつくばでもとても落ち着いてましたね、ハナマル!

これまでのって対人間だったら関係はもう繋がってないでかなと思うと、
それでも頼ってくれてたりするじゃないですか。。。
許してもらってるって感じますよね。犬って優しい。

管理人のみ通知 :