洋犬飼いさんにも「和犬の壷」お勧めの理由




お知らせ♪


以前お勧めした座学「和犬の壷」が開催されるそうですよ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


日時:2015年7月11日(土) 
   10:00〜16:00(休憩:お昼1時間他)

開場/受付:9:30〜

場所:東京都豊島区南池袋1-16-20 ぬかりやビル2階

アクセス:JR池袋駅東口、西武百貨店側から徒歩6分


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


タローの主さんの座学です。クリックで詳細に飛びますのでちょっと読んでみて下さい。

日本犬セミナー「和犬の壺」 2015 のお知らせ


ちゃんと ”そもそも犬とはどのような生き物なのか?” 
”当セミナーでは日本犬を軸に” と書かれているんだけれど、

洋犬飼いさんには無縁のものに思えませんか?

洋にもすご〜く役立つんです!
我が家はこの講座を受けてからの方がより犬が見えるようになりました。
この講座(基本知識)を元に、レッスンやお散歩会などでより掘り下げて教えていただいてます。


和犬は犬のベースと思って良いと思います。
うちは和2頭・洋3頭いますが、和犬などの原始的な犬をじっくり理解すると、
洋の特化改良された部分=問題ともなり得る性質
はてこれはどういう行動なのか、どうすれば良いのか、方向性が見え易いです。
日本犬はこの辺りがやはりフラットですね。

日々の生活やお散歩会で感じるのは、和犬は和犬特性ゆえの問題行動は少ないと思います。
理解の不十分さで係わり方の間違いで生じた問題や、社会化不足が多いと思います。

逆に洋は、その特化された特性ゆえの問題を感じる方が多い気がします。
これも理解不足で逆に強化してる事が多く見えるかな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


例になる最近のおはなし。

ねじとゆるの散歩でマズルガードを付けたブリタニースパニエルに出会い、
「ドーベルと小型犬で大丈夫か」と質問され、飼主さん曰くこのブリタニーは小型犬への攻撃性が高いとの事。
小型犬のほか、自転車・バイク・走っている人、パタパタと動く子供など噛むそうですが、
猟欲ゆえの行動だと思います。他にはボーダーやシェパやコギなども散歩中にこの行動は見かけますね。
攻撃性か猟欲か、対応も大きく違いますよね。

ブリタニーを選んだ理由をお聞きしたら、
飼ってたゴールデンが亡くなり、ドーベルは甘えん坊で室内で飼えば攻撃性もなく大人しいと
トレーナーに聞いて飼いたかったが、大型はもう無理な年齢かと判断してブリタニーにしたとの事で、
ブリタニー種の理解なく飼い始めたケースと感じました。

散歩で何頭か会うブリタニーたちに突進行動はけっこう見かけるので、
個人的には猟欲の強い犬種イメージです。
最初に飼ったゴールデンは特に難しさを感じる事もなく幸せな日々。
きっと犬のイメージがその子なのでしょう、仕方ない事なんですけどね。
犬種特性もそうですが、犬の本能をもう少し理解されると違うかなと思いました。

ちなみに、ねじも猫追いは執着レベルでありましたし、
ダックスの動きに狩るスイッチが入る時がありました。
近所に小型犬に反応するドーベルもいます。
ドーベルだってやらせればする犬です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


犬の基本知識今イチ曖昧だわ〜^^;っていう洋犬飼いさんも是非受講してみて!
「ああ確かに。私んちの犬、和犬とこういうの同じだわ〜。犬だわ〜。」って思う事多々あますよ!
和犬は難しい?洋犬は?本当のとこどうなのか、何が違うのか。
何気ない毎日の生活で感じれるものが増えてきますよ。


私がこれまで受けて来た講座の中では、最も生活で役立ってるかな♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記


こちらも参考に → 犬に対する疑問も色々 〜日本犬セミナー告知〜


抜粋
犬に対してどんなに優しい眼差しで語りかけても、
どんなに優しい言葉を掛けても、その人の想いは犬に一切伝わりません。
むしろ犬に嫌われてしまうことさえあるでしょう。


ぷぷぷっ。確かに。

以前、クリオへのアプローチの仕方を他の方に指南している犬飼さんがいて、
「犬の目の高さまでしゃがんで目を見てにっこりね」と正面に鎮座。
・・・ゆっくりリード誘導でクリオを回転させました。
この人、犬に嫌われがちだろうな(苦笑)




この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :