人と生きる生き物




クリオさん、狂犬病ワクチンショットにいきました。

順番まで車内待機、のんびりすごしてます。診察はマズルガード付きですが。





我が家は車で出掛ける事が多く、お山は3時間くらい。

今は車の中でもフリーで外を眺めながら気侭に過ごしてます。


外が見えない方が酔わない、という犬もいます。

でもクレート自体になれていない犬をクレートに入れ車に乗せると、

酔う前に極度の緊張を覚えると思います。

クリオはクレート慣らしもしてあるので、フリーでもクレートでも大丈夫です。

風景を眺める余裕がある(楽しんでる)のでフリーで乗せてます。



保健所収容で飼い主が迎えに来ないような犬の多くは、あまり手を掛けて貰ってません。

車に乗る事も、クレートに入る事も、

それ以前に人間と密接に関わる事も、経験値として低い犬が多い。



単に車慣れひとつにしても、

その子に合った進行具合で、何をすべきかを細かく噛み砕いた方が速いです。



そして他のトレーニングもそうですが、関係性の構築(日本犬の方が難しい)が絶対の近道だと思います。

家庭犬って、人と関わって生きて行く生き物ですものね。





この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :