さばちゃん




名古屋のさばちゃんの飼い主さんからルームシューズが届きました。

手作りの「ハイジの靴」かわいい^^





サイズ間違って買ったゆるいスリッパがぴったんこ!


20161111102.jpg


冬の長靴さんぽは寒いのでインナーにも使わせていただこう♪

ありがとうございます!



さばちゃんは名古屋にいた頃に譲渡した犬で、あれからもう5年。あっと言う間。

CIMG2962.jpg


この頃はまだ14キロ弱のヒョロッとした若犬でしたが、


28-1.jpg


手足やクチビルなどから大型犬(ゴールデン)は感じれ、

そこそこ大きくなるかも?と思ってましたが、


1-4.jpg

現在19.5キロ!そろそろ大型域!

仲良くしてもらった白柴ハチタロウ17キロを追いぬき、クリオさえも越え、ちょっとオドロキ〜^^


保護当初は他人が見えるだけでパニックになるびびりさんだったけど、

今はオヤツで気持ちが逸れるそう。とても良い成長です^^



うちから譲渡した子たちはみんな大切にされてます。

誰かのspecialになるのには特別ではなく、平凡で穏やかな毎日の積み重ね。

色んな事がゆっくり熟成していくのではないでしょうかね。

さばちゃん、これからも幸せにね。





この記事へのコメント:

りんママ : 2016/11/13 (日) 10:50:09

お久しぶりです。なんだか心温まるいいお話ですね~。さばちゃんって名前も可愛い♪
さばちゃんは保護されて、優しく気長に面倒を見てもらって、その後も可愛がってくれる飼い主さんの元へ引き取られて、スクスクト大きく大きく育って良かったね!
今、うちの近所にちょっと可哀想な柴ちゃんがいるらしく(私はここ1年以上見かけてないので)話によると虐待に近いような…ということで心配しています。

とろろ : 2016/11/13 (日) 16:10:22

可哀想な柴ちゃんの件ですが、
実際どのような話なのか確認して、
松戸保健所か愛護センター東葛支所に連絡して下さいね。
確認に行って下さいますし、指導もして下さいます。
個人で直接行動するのは勇気がいるでしょうし、
行政指導となると意識が違うと思います。
私も飼育状況が悪い状況を見た場合はそうしてます。

近所に興奮ゆえの転位噛みの柴ちゃんがいますが、
飼い主さんが倒れご親戚が面倒を見てますが、性格がキツいと。
全くそんな事ないんですよ、ただ高揚してるだけ。
お伝えして理解して下さいました。

このようにちょっとした行動問題の理由を知らないだけ、という場合もあり、
そのような場合は直接声を掛け対処をお伝えする事もありますが、
ご近所の場合は難しいですよね。私の場合は転勤族の強みです。
ぜひぜひ愛護センターを頼って下さい。

柴犬は飼い主の無理解で放棄(処分)になってしまう事も多々あり、
基礎知識を持って接すべき犬種だと思います。
殺処分が一番多い純血種、悲しい現実です。

管理人のみ通知 :