記念撮影







久しぶりにガムを噛むどんぐり番長、記念撮影。


2017020801.jpg 

1月中旬に体調が落ちていたどんぐり番長。
2週間くらいゴハンは半量も食べず、動きもほとんどなく寝ていました。
痛い、苦しいはなさそう。たまに起きてきてちょっと遊んでみたり。



ごはんを食べるようになった朝、これまた記念撮影。

2017020802.jpg 


1年前に同じような事があり、血液検査、レントゲン、エコーしたけど問題ナシ。
(肝・腎の数値は少し高めですが治療対象ではない)
今回は病院は見送り。
クッシングからの甲状腺機能低下症の犬の経験がありますが、
どんぐりも病院だとたぶん低下症を疑われると思います。
対応としては念のためにアルコビオを増やしました。

1年前のそれから食べる物も量も減り、今回のでまたちょっと減ってます。
お薬で完全に戻る事はないでしょうし、
体力低下も、もっと言えばビョウキも加齢のひとつ。
受け止め受け入れ。

どんぐりの老化はゆっくり坂道を下るのではなく、
ちょっと段差がある階段をたまに下りてる感じかも。
ずっと同じでいて欲しい、という想いはあるけどそうはいかないね。
食べたら出るし、お散歩も楽しいし、遊ぶし、それでOKとしています。




この記事へのコメント:

ブロン&マロンまま : 2017/02/09 (木) 20:49:34

こんばんは♪
今日はこちらも雪が降って冷え込んでいます(;´д`)
どんぐり先生、食欲が戻ってよかった!
犬も人間も日々の体調変化の受け止めや調整が重要ですね(*`・ω・)ゞ

わが家の2頭はプロテインのおかげか、体重キープ出来てます。しかもマロンは増加しました(^_^)v
毎日喜んで飲んでます(笑)

とろろ : 2017/02/10 (金) 17:01:41

マロンは増量ですか!良かったね〜^^
どんぐりも少し体重が戻って来ました。
シニアになって痩せる傾向になると、
太れるのも若い証拠だとつくづく思いますよね。
病気と思うと戦い(?)になっちゃうからね、
病気も加齢のひとつと思えばお付き合い。
生活の一部ですものね^^

りんママ : 2017/02/12 (日) 15:28:35

ワンコの成長(老化)はほんと早いから、まだまだ若いなんて思ってても、着実に少しずついろんな症状が出てきますよね…
最初は「いつまでも元気でいて欲しい!」とか「病気にならないようにどうすればいいか…」なんて考えてばかりでしたが、インスタでたくさんのワンコの様子を目の当たりにして、自分も目を背けず現実を受け入れる覚悟をしておかないとと思うようになりました。
老化は仕方のないこと。少しでも体の細胞を元気に保っていられるよう、それぐらいしかやってあげられることはありませんよね。
余計な心配はせず、毎日を楽しく過ごせるよう、それだけです。

とろろ : 2017/02/14 (火) 19:03:57

飼い主がやれる事は少ない中、
その精度を上げるにはどうしても知識ですよね・・・
細胞は何から出来てるのか、食べたものはどう代謝されていくのか、
ホルモン、酵素、免疫って何?などなど。
知識を持つ事でやれる事は増える→後悔も減ると思います。
やる事やったら受け入れて、あとは楽しく生活するのみですね♡

管理人のみ通知 :