許容が広いのはどっち?




2ヶ月ぶりのお散歩会に行ってきました。



序盤はクリオはずっと後を歩き、犬達のニオイを取りながら合流地点の芝生広場へ向いますが、

動きのシェイピングもせず右往左往、クリオの納得が行くまでニオイを取らせ、

犬たちのニオイも主さんのニオイもインプット。

合流の芝生広場では、どの犬がどのニオイの犬かの確認に感じます。




これは超小型のキュートでも同じ。

「クンクンクン、あ、これはクリオだ」

既に知っているので特に直接的な確認作業もなし。あまり見さえしない(笑)




クリオもキュートにはもう何の反応もありません。


d9fmIiS_mf7jz_q1429540474_1429540706.jpg


序盤はオヤツを口にしません。

合流の芝生広場を去る頃には確認が終了し、犬へのチェック心がぐっと減ります。

余裕が出てオヤツも食べますし、歩みも右往左往が減り自ずと左にいる事が増えます。

脚側で左をキープさせる事も可能、吠えもショックで先に押さえ込むのは可能ではあるけど、

でも犬側の解決ってこういう事だと思うんですよね。知る事。


CIMG4016.jpg


この日はドーベルくんが参加。

練馬のお散歩会でねじに似たラブミックスがいますが終始無反応。逆にリラックス。

容姿が関係するのか・・・・Yesだと思います。やはり反応が穏やか、気にしません。

ねじに良い印象があるからでしょうかね。



終盤に先頭を歩いた時、ちょっと離れて主さんとドーベルくんが付いてきてて、

クリオは待つような雰囲気で見てました。ホント成長しました。


CIMG4010.jpg



余裕が出れば普段の笑顔も出ますが私にだけです。

クリオがどんだけ人寄りな和犬か、うちでの様子がお散歩会ではまだ出せないのが残念ですよ・・・・

でも初参加のときはうちに来て4ヶ月、ヨダレだらだらで軽くパニックだったと思う。

まだ私に対してもやっとだった頃でしょうし、よく頑張ってくれたなぁと誇りに思います。



どんだけ犬に許容が広いのかと思われるでしょうが、ちょっと違うかな。

状況を先に知っている私たちより、何も知る術のない犬たちの方が、

お散歩会も普段の生活もよっぽど頑張っているんだと思うし、

焦らない社会化取り組みは、お互いのストレスケアとしてもとても有効だと思えますし。



なにしてんじゃ!と思う事もしばしばありますが、ありがたいと思う事が増えました。

犬達を理解すればするほど、許容されてるのは私のほうなのでね。



よそんちの子の成長は速い!



練馬お散歩会の様子です。

今回はチワワQ様がとても近くにいました^^

前回は「あいさつなんて10万年早いわよ」とおっしゃってたご様子でしたが、

10日しか経っていませんわよ(笑)


OZV5GOKHXDPeKGF1415401092_1415401297.png


これは去年の12月。デジカメのズームMAXで撮ったQ様。



お散歩会中はずっとおひとり様ではるか彼方。

唯一最後のあいさつ時にみんなの円陣の側にいて、飼い主さんがそれを喜んでいたのが印象的でした。



犬や人が見えるだけで爆吠えで泡吹く程だったのにねぇ、今はこんな距離で落ち着いてます。


ライブラリ - 13187


クリオにちょっと文句言いに来ましたが、自らヤメて帰っていきました。

自学習した結果で声掛けも何もなし。スゴイことだね。

Q様の様子に、介入も要らないのはラクでしょう?と先生がおっしゃってた。

我が家もそうありたいものです。


コッカーくんも今回はさらに近くを歩いてたし、

吠える犬同士の場の共有って難しいけど、みんな成長してるんだな〜って、

こういうの見ると取り組む飼い主にとっては希望です^^



Q様に吠えられてもクリオは平気だろうと思っていましたが、やはり意にも介さずで、

さらにクリオを読めるようになってるかな?と実感です。

課題も見えたし見直して行きます。




経験でリンクすること




お散歩会の続きです。



犬・人とも急なアプローチが苦手なコイケルくん、ご近所ワンとトラブルがあったようですが、

犬への苦手意識は高まってなさそうでした♪




女王Qさまは、主さんのお散歩会ではないのですがここでパニクった経験があり、この公園が苦手。

場所とリンクしちゃったんだね。


はんぶん子姐さんも他犬に耳を噛まれ怪我したとき、

しばらくその場所を嫌がったけど、その犬見ても嬉しそうに寄って行こうとしてた。

良くない経験で犬が何をリンクするもかは、飼い主でも思いもよらない場合もあるんだよね・・・



さてさて、今回クリオがずっと気にしていたのは、

utozDU_KNpdHny71414531535_1414531649.png

しょっちゅう目線がそちらにそちらにいきます。

vL7hBLTUwRSXjT81414531676_1414531744-1.png

2才9ヶ月の柴くん 

ライブラリ - 13162

この子、めっちゃかわいい〜の!本当に柴?オス?子犬みたーい!

警戒心なくて初対面なのに全身モフモフできるんですよ!

うちの旦那ちゃんは友人の柴見て「柴なのに寄ってくる!」って感動してたくらいたから、

この子みたら柴像が崩壊するだろうな(笑)



お互い気にしてましたが(要因はクリオが大だと思う)

この子のタイプなら時間掛ければ平気になる気がするなぁ。

犬見ると吠えるとの事でしたが、犬同士って吠えるから相性がダメって事じゃないしね^^




最後は若柴くんのほうがオトナな対応してました^^

あちゃ〜・・・クリオの方がオトナなんだけどな〜^^;

w0NrPdWUadDwD_t1414545574_1414545712.jpg


まーね、若い方が学習がはやいのは犬もヒトも一緒だわね。

しかしおっさんでも進化中ー♪



主さん、みんさん、ワンコたち、今回もありがとうございました^^




課題

クリオはお散歩会参加犬か、その他の公園利用犬かをしっかり見極めてます。
回数を重ねて仲間意識的なものも感じます。

前回は初対面の柴アニキ(未去勢)に、今回は若柴くん(去勢済)に意識が荒めでした。
初対面だから?オスだから?犬種的なもの?

クリオは近所で柴犬にアタックされた事があり、
その個体は記憶してて反応がハッキリ違います。
柴種への意識が高まってる??少しある気はするがハッキリはわからん。
旅先でシュナウザー♂に激しくアタックされた事がありますが、
シュナウザー種にはこれといって反応が特別な感じはしませんしねぇ。

先に機会がありましたら、前回・今回の初対面の犬達との経過を見たいと思います。








犬がお散歩会で学ぶ事=成功




クリオとお散歩会に行ってきました。


今回は、オス5頭 メス1頭 逆ハーレム状態ですが女王Qさまは・・・




ちょいと遠い存在のご様子です^^


女王さまに初めて会った10ヶ月前は見えないくらい離れてましたが、今はすぐそばを歩きます。

成功体験だけでここまで変わるとは、フムフム。




クリオが大好きなチワワの俺様、積極的に寄って来てくれます^^


FDE8Fjjjhs3nPgI1414530416_1414530589.jpg


以前あいさつの時に勢い余ってどついてしまたけど嫌われてないみたい^^


8lnyLFTlgbcFfgB1414530630_1414530955.jpg


今回の参加メンバーで初対面はオス柴1頭のみ。

クリオはみんなのことを覚えていて、確認の挨拶のような行動もそれほどなく、

もう知ってるよーと言った感じに見えました。



お散歩会の回数を重ねていくと、ちびっとハードルをあげてみたりします。

レベルアップですね。


人・犬への吠えがあるコッカーくん、

t0gmQ_OEXqZXf3_1414532280_1414532431-1.png

先生が意図的に近くに座ると確認に行って「怪しい!」と判断したのか吠えるのですが、

端から見てると怖い物見たさに見えるんだな〜、怖きゃー行かなければいいのに面白い(笑)

qZHtVf3EoSso49v1414531827_1414532180.jpg

この状態でも飼い主さんが呼んだり、距離を取る事で意識がスウィッチするようになって、

以前と比べるとオフが早くなっているのが分かりました。

こうやって成功できる程度のハードルを超えていくわけです^^



気付いた事。

女王Qさまにも、コッカーくんにも、クリオはいわゆる挨拶行動を直接した事ないし、

至近距離にも寄った事なかったのですが認識してるんです。

気にしてない。


主さんの教える挨拶は他のトレーナーとはだいぶ違って、

以前見たものは挨拶は必ずオシリで!って押さえつけてみたいなのまであったけど、

逆に嫌な印象を持った子もいたし、どんぐりも初対面で即オシリを嗅がれるのは嫌。

犬自身が自主的かつ納得したものでないと意味がないって事でしょうね。

当り前なんだけど、挨拶ひとつにしてもそのペースは犬それぞれなんだな、と実感しましたよ!



長いので続きは次回に。



あ、コッカーくんの飼い主さん、

前回はクリオともずっと遠くにいましたよ。

昨日あんなに近くにいたし、ニオイまで嗅いじゃって!

すごい進歩ですね♪



練馬お散歩会



今回はゆるとお散歩会に行ってきました。



お散歩会では取り組が犬それぞれで、

人がダメ、犬がダメ、音がダメ、挨拶が下手、吠え、攻撃性・・・

まずはただそこに居れる(犬も周囲もみんな我慢でなく平穏に)社会性を目指します。

仲良くする社交性は求めません。

飼い主はまず自分の犬が平穏でいられる距離を計り、感情の動きなどの観察をしていきます。

なので一緒の子達も、最初はこーーーーーーーんなに離れてる^^




ゆるはおっとりした暴れん坊です。

普段のおっとりと、瞬間で興奮がぶっちぎる様子は、まるで別犬です。

犬との関わり方が荒く、

それができないと興奮やフラストレーションの感情の動きが口元に出ます。

リードの転移噛みやオモチャなどの破壊行動、吠えも出ます。

それを出さずに欲求を満たす成功体験を積んでいきます。




一緒に歩くのも過ごすのも、そのうち平気になって行くんですよね。

1EeR8uP52vb2vHd1412855209_1412855353.png


ゆるは、静かに歩いているようでも内部は相当な圧が掛かった状態。

転移噛みや吠えが出るのは、圧力鍋の圧がマックスになり蒸気が漏れた状態で、そこで対処はもう遅い。



オモチャなどで欲をズラして関わらせれば、丁寧なプロセスがなくても馴染みます。

またプロングやチョークなどで抑圧した方法もあります。

しかし私はそれらをもうヨシとはしません。根本解決ではないと思うから。



お散歩会は根本にアプローチしていく取り組みです。

いわゆるトレーニングとは違いますが、本当に求めてるものが見出せます。


ライブラリ - 12985


初対面の一発で犬の印象は変え難きものにもなるので、

ゆるの良い部分で接する事ができるようにしてやりたいと思うんですよね。

誤摩化しなしで。




ライブラリ - 12986


この柴くんは人にはそりゃ〜いい感じ^^それって柴では超優良!

対イヌにあわわアワワなってしまいますが、距離を置く事で回避できますし、

そこで何も起こらない事を経験していけばよいだけ。

犬のキャパオーバーなトレーニングで悪化した犬を沢山見ているので、

この会での犬達の進歩には、最初はそりゃ〜びっくりしましたよ。




ちょっと切なくなったことも。

半年ぶりに会ったギャル柴ちゃんがすっかりオトナになっていました。


犬の成長はあっという間。


老化もあっという間。




そしてお別れも。



これから先、困らされるような事が多くても、ビョウキになっても、

それでも質よく暮らさせるスキルを身につけたいと思います。



タローの主さん、ワン・飼い主さん、いつもありがとうございます^^


<<PREV | | NEXT>>